認知症と老化による物忘れなどとの違いとは?

人間の脳の状態は加齢に伴って変化して行く為、機能が変化していく事は珍しくありません。

脳

実際に脳の重さと言うのは1400g程度ですが、体の各器官に対して指令を出し、さらに感覚も感じるようになっているため、脳が無ければ人間の体を維持する事は不可能になります。

 

脳には神経細胞が有り、実際にはそこで電気信号で各種情報をやり取りしています。
その神経細胞は大脳で数百億個、小脳では千億個もあります。
脳はその神経細胞を上手に使って心臓を動かしたり、呼吸したりと言う人間にとって基本的な事も行っています。
もちろん、経験から学んだり、勉強したり、さらに会話したり、色々な事を思ったり、そして自分に起きた出来事を記憶したりする働きも有ります。

 

 

ただ、記憶に関してはいつまでも全て覚えている事が出来る、と言う訳ではありません。

 

ある程度の期間が経過すれば次第に忘れて行ってしまう事も有ります。
物忘れと言うのは確かに認知症にとって代表的な症状となっていますが、実際には加齢によって脳が老化した事によって起きてしまう事も有ります。

 

 

物忘れと言うのは、決して認知症だけの症状と言う訳ではありません。

  • これ以外にも甲状腺機能低下症、うつ病、慢性硬膜下血腫等が影響している事も有ります。
  • また現在ADHDで悩んでいる人の場合は、自分の注意力が足りないという事から物を覚えている事が出来ずに忘れてしまう、と言う事も有ります。
  • 薬の服用をする場合、睡眠薬や抗生物質を利用するとその人の体質によっては記憶に影響が出てしまう可能性も無いわけでは有りません。
  • 病気が原因となっている場合、実際にはその病気を治療すれば物忘れの状態が改善する場合も多々あります。

 

 

ただ、実際にはその物忘れが脳の老化に寄る物なのか、認知症によるものなのか、違いから判断する事は十分可能です。

例えば、昨日何を食べたかと言う事を問われた場合、加齢によってただ単に忘れてしまっている場合、何を食べたかと言う事はどうしても思い出す事ができませんが、食べたこと自体は記憶しています。
だから食べたけれど何を食べたか思い出す事が出来ない、という事になります。

 

認知症の場合は食べた物が何科思い出す事が出来ないというのではなく、食べたという行為自体を忘れてしまいます。
だから聞かれたとしても何も食べていない、食べる事が出来なかった、という事になるのです。

 

またそもそも何かを忘れてしまう事自体が日常生活に支障をきたしてしまうかどうか、それでも判断する事が出来ます。
とはいってもこれは一例であり、全ての人に共通する事ではありません。

 

例えば、アルツハイマー型の場合、ごく初期であれば自分が忘れやすくなっている、という自覚がある場合も多くなっています。
その為、自覚しているかどうかで判断してしまう事は出来ません。

 

また前頭側頭葉型の場合は忘れやすくなっている、と言う事があまり目立つ事が無く、日常生活にも支障をきたしていない場合もあります。

進行も遅くなっているので、なかなか気づく事が出来ない場合も珍しくありません。

あくまでも日常生活に支障をきたすレベルになっている、行為自体を忘れてしまっているというのは判断するポイントの一つに過ぎません。

 

 

また、実際にはその人によって症状が違っており、ただ単に忘れやすくなったというだけでなく、生活に変化が出てくる場合があります。

例えば何を話したとしても理解してくれない、理解力が低下している場合や、以前に比べるとだらし無くなってきた、きれい好きではなくなってきたというのも一例です。
以前と比べて何となく忘れやすくなっているというのではなく、明らかにおかしい、変だと周りが感じる場合は、もしかしたら認知症と言う可能性が高くなります。

 

 

加齢によって脳が老化する事によって忘れやすくなる場合、これは正常な脳の変化なのでそのまま放置しておいたとしても何も問題は有りません。

本人が少し気を付けるだけでも忘れる事によるデメリットを軽減する事は十分可能です。

 

しかし認知症自体は脳の病気なので、そのまま放置しておくと徐々に症状が悪化して行ってしまいます。

  • アルツハイマー型
  • レビー小体型
  • 脳血管性
  • 前頭側頭葉型

の4種類に分ける事が出来ますが、これらは適切な治療を行う事で進行のスピードをける事は可能となっています。

 

しかし老化によるものなのかどうかという事はある程度判断する事は出来ますが完璧に判断する事が出来るという訳ではありません。

 

病院

最近どうしても忘れやすくなっているという場合、さらにそれが生活に支障をきたすレベルになっているという時は、専門機関で一度チェックしてもらう方が良いでしょう。
そうすれば適切な処置をしてもらいやすくなるからです。

 

また脳の病気の場合は本人の自覚が殆ど無い場合も多くなっているので、家族が最近変だ、何かおかしいと気づいてあげる事も必要です。

 

加齢に伴う脳の老化だけが物忘れの原因ではないので、周りのサポートと言うのも重要なポイントになって来ます。

 

認知症予防にDHA・EPAサプリ

きなり

迷ったらコレ!!
とおすすめできるのが「きなり」です。


とにかく品質にこだわりぬいて作られています。
モンドセレクションでも3年連続金賞受賞!


認知症予防はもちろん、様々な体の不調への効果が期待できます。
しかも初回67%OFFの1,980円(税込・送料無料)♪


まずは試してみませんか??

矢印

きなり

このエントリーをはてなブックマークに追加